女性とデートしたときの料金の支払い割合はどうすべきか

女の子とデートするときに、ご飯の時の料金の支払いの割合が分からないと困ってしまいますよね。

ここでは、ご飯の時の料金の支払いの割合が分からないときの個人的にオススメの対策についてです。

ご飯の時の料金の支払いの割合が分からない場合の個人的にオススメの対策について

女の子とデートするときに、ご飯の時の料金の支払いの割合が分からないときには、まず最初にこの後やって欲しいのが、実は、会計は事前に済ませ、一度は、お金いいよと言うというやり方なんです。

具体的な理由を説明しますと、ご馳走様と言われれば、ご飯クン、折半だと、一人の男性として見ていると推測できるからです。

知ってましたか?

ご飯の時の料金の支払いの割合が分からないとしても、会計は事前に済ませ、一度は、お金いいよと言うと、だいぶ対処できるはずです。

なので一番目として、会計は事前に済ませ、一度は、お金いいよと言うのをこの後やってみてください。

個人的にオススメの対策として今日は、お金ないと言ってみるのもアリ

会計は事前に済ませ、一度は、お金いいよと言うのと、その次にやっていただきたいのが、今日は、お金ないと言ってみるというやり方なんです。

それは何故なのかというと、女子が払ってくれるか、お金がないなら、カードで払えばというか様子を見たいためという理由があるからです。

簡単にできるやり方ですので、まずはやってみましょう。

簡単にできる事ですけど、でも、やらないよりいいと思いますよ。

以上ですが、女の子とデートするときに、ご飯の時の料金の支払いの割合が分からないときは、会計は事前に済ませ、一度は、お金いいよと言うなどしてみるのがいいでしょう。